お知らせ・ニュース

【好評につき完売】武将印を販売します!

  • 放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK)に登場する源頼朝、和田義盛、三浦義村など、三浦市にゆかりのある人物についての武将印を販売します。
  • 源頼朝の武将印には頼朝が当時訪れたと伝えられる花の三御所(見桃寺、本端寺、大椿寺)の各花(桃、桜、椿)と海南神社のイチョウのイラストを、三浦一族の武将印には家紋である三つ引きをそれぞれあしらい、市内在住の書道家・袖山翠碩(そでやま すいせき)氏が一枚一枚武将名を揮毫した、力強く温かみのある作品となっています。
  • 台紙は、SDGsの取組として三浦野菜の収穫後の茎や蔓などの残渣を約3割使用し、山梨県の伝統工芸「西島手漉和紙」を用いた、独特の風合いのある和紙です。
  1. 販売開始
    令和4年11月1日(火曜日)から
    初回販売分は限定100枚
    各500円(税込)

  2. 販売場所
    三浦市観光協会完売しました)、三崎口駅前観光案内所完売しました

※武将印販売を記念して、現在実施中の「いざ、三浦!三浦市観光促進キャンペーン(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)」において、参加賞のロディアオリジナルノートの提供と合わせ、武将印(全5類のうち1枚)を先着5名にプレゼントします。(お渡しは、三浦市観光協会窓口のみです。武将の選択はできません。)

関連記事