• サイトマップ
  • お問い合わせ
文字サイズ変更
拡大
縮小
色変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ここから本文です。

ホーム > ウォーキングガイド > 散策コース(2)城ヶ島散策

更新日:2013年3月5日

散策コース(2) 城ヶ島散策 

(コース所要時間: 徒歩約3時間)

1、白秋記念館(月曜日定休)

大正時代の詩人であり歌人である、北原白秋ゆかりのノートや  

遺墨等が置いてあります。
館内では、遠方からの5~6人のグループが熱心に説明を聞き

ながら、白秋への思いを再確認していました。以前、記念館を訪

れた時には、「大変貴重な書籍や、白秋ゆかりの品」が置いてあ

ったと、お客さんは感激していました。

2、白秋詩碑

白秋記念館

白秋記念館前の小さな砂浜に、白秋記念詩碑が建っています。記念館の職員に聞いたところ、昭和24(1949)年7月10日に建てられたそうです。石碑には、 「城ヶ島の雨」の歌詞が刻まれていました。

雨はふるふる城ヶ島の磯に
利休鼠の雨が降る
雨は真珠か夜明けの霧か・・・・

小さな砂浜には、水遊びをする子供達を見かけましたが…海を見ながら、のんびりとお弁当を食べるには、最高ですね。

 

城ヶ島大橋を背景とした白秋詩碑

白秋記念館前の小さな砂浜

白秋詩碑と城ヶ島大橋

 

3、県立城ヶ島公園と安房崎灯台(あわざきとうだい)

城ヶ島の東側に広がる、県立自然公園です。公園内は、展望台やピクニック広場があって家族連れ、カップル、ウォーキングの人たちがいました。広場では、ゆっくりとピクニックをしたり、お昼寝をしたり、子供たちがのびのびと遊ぶ姿が見られます。冬になると、水仙が咲き乱れ、暖かい日には、のんびり散歩するのには良いところです。展望台からは、タンカーや貨物船などシップ・ウッチングができます。春や秋には、公園の下の磯では、釣りをする人々の姿が目立ちます。県立城ヶ島公園から下の海へ下りると、岩場の上に小さな灯台がありました。高さ13mの安房崎灯台ですが、光は20km先まで届くそうです。

県立城ヶ島公園の入り口付近

県立城ヶ島公園内

ピクニック広場

4、城ヶ島灯台

県立城ヶ島公園から20分くらい歩くと、商店街に着きます。商店街の途中の右側にある階段を登ると、城ヶ島灯台があります。明治3(1870)年に完成したもので、日本で5番目の洋式灯台だそうです。灯台の周りには、綺麗に整備がされている灯台公園があり、とても眺めの良い公園でした。

城ヶ島灯台公園の入り口

城ヶ島灯台公園内

城ヶ島灯台